医院設備紹介

医院設備紹介

外観

イメージ

宮前平駅南口から降りてすぐの場所にあります。

入口

イメージ

受付・待合室

イメージ

落ち着いた空間で、リラックスしてお待ちください。

診療室

イメージ

ガラスに囲まれた、モダンなデザインの半個室タイプです。
プライバシーの保護と、開放感の両立をはたしています。

デジタルレントゲン(パノラマ・CT)

イメージ

ORTHOPHOS SL 3Dという、パノラマと歯科用CTの複合タイプのデジタルレントゲンを導入しています。
インプラントや抜歯時などには、立体的な画像で細部まで撮影できる歯科用CTが欠かせません。患部をより正確に、精密に把握することが何より重要になります。
現在日本の歯科医院ではまだ、導入率10%以下と言われている器材です。

デジタルレントゲン(デンタル)

イメージ

Xios Scanというデンタルタイプのデジタルレントゲンです。
レントゲン写真の画像データなど、患者様の情報をより効率的に管理するために導入しました。

診療台

イメージ

最新機能を備えた診療台です。人間工学に基づいてデザインされていますので、身体への負担も抑えられています。

イメージ

よりスムーズに診療を行うことができるよう、診察室を増設しチェアーを増設しました。

手術室

イメージ

高度な設備を併設した、手術専用の部屋です。

口腔外科用超音波装置

イメージ

3次元超音波の振動によって、骨の切削や抜歯、インプラント手術が行える装置です。
数100μmの微細な音波により、非常に緻密で正確な骨の切削が行え、また切削面も滑らかです。そして最大の利点は、骨を切削しても皮膚や粘膜、血管、神経といった器官を傷つけることなく、安全な手術を行える点です。

CO2レーザー

イメージ

炭酸ガスによる外科用レーザーで、歯肉の切開や小帯の切除、歯周病治療、口内炎の沈静など、様々な用途に使用可能です。 痛みが少なく、傷や炎症を早く治します。

光機能化装置

イメージ

インプラントと骨をより強力に接着するための光機能化を行う装置です。インプラントの光機能化は、まだ日本ではほとんど導入されていない最新の方法です。

トップページ | 医院の特徴 | 診療案内 | スタッフ紹介 | 医院設備紹介 | アクセス | ブログ

お問い合わせ